重曹・セスキ・過炭酸ナトリウム 洗濯や掃除にどれをどう使う?

台所汚れにはコレが良いらしい、洗濯にはコレが良いらしい、と、『とりあえず』と購入してしまった洗浄剤、ナチュラルクリーナーたち。

『良いらしい』と、よく理解せず使っているところもあるので、書き出して整理してみたいと思います。

アルカリ性のクリーナー

100均でも購入できるアルカリ性クリーナー。

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 過炭酸ナトリウム

アルカリ性のものは、酸性のものに効果を発揮します。

汗や蒸れた靴の臭いなど「酸性の臭い」を中和したり、油汚れや皮脂の「酸性の汚れ」を落とすのに効果を発揮します。

重曹

水溶液は、ごく弱いアルカリ性。

  • 鍋の内側の焦げ
    (ただし、アルミ製の鍋はアルカリで黒ずんでしまう)
  • 銀製品のくすみ取り
  • お風呂の掃除 など

水に溶けにくいのでクレンザーのように使うことができる重曹は、「お掃除」で大活躍するイメージ。

《!》重曹は精製の度合いによって、調理用、掃除用などに分けられています。
お料理に使用する場合は、食用の重曹を
また、ベーキングパウダーは重曹ではありません。「ベーキングソーダ=重曹」です。

セスキ炭酸ソーダ

水溶液は、弱アルカリ性。水に溶けやすい。

  • 血液汚れ、皮脂や手垢の軽いタンパク汚れ
  • 台所の油汚れ など

お掃除にも、お洗濯にも使えるイメージ。

過炭酸ナトリウム

水溶液は、弱アルカリ性。セスキ炭酸ソーダより強め。

いわゆる「酸素系漂白剤」。

  • 水筒やカップの茶渋汚れ
  • 洗濯槽や浴室のタイル目地の掃除
  • 汗や皮脂汚れ、食べこぼしの油ジミ抜き
  • 布巾や衣類のつけおき漂白 など

化学式にするとわかりやすい?

上記の洗浄剤、アルカリ性クリーナーの化学式を見ると

  • 化学式 NaHCO3
    重曹(炭酸水素ナトリウム/重炭酸ソーダ)
  • 化学式 Na2CO3・NaHCO3・2H2O
    セスキ炭酸ソーダ
  • 2Na2CO3・3H2O2
    過炭酸ナトリウム(過炭酸ソーダ)

セスキ炭酸ソーダは、炭酸ナトリウム(Na2CO3)と炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)で構成されていますね。

炭酸ソーダ+重曹ということで、『洗濯掃除用に、とりあえず何か使ってみようかな』という場合は、重曹ではなく、セスキ炭酸ソーダが良さそうですね。

まとめ

アルカリ性クリーナーが得意とするのは

  • 台所の油汚れや生ゴミ臭
  • 食器の茶渋
  • 衣類やお風呂の皮脂汚れ
  • トイレやバスルームの掃除

アルカリ性の強さは、過炭酸ナトリウム>セスキ炭酸ソーダ>重曹

しかし、弱アルカリ性のセスキ炭酸ソーダや過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)でお掃除、お洗濯をする際

  • 畳や木材など、コーティングされていない天然素材のもの
  • アルミなど、ステンレス以外の金属が付いているもの
  • 草木染めの布製品
  • 絹・毛などの繊維

などは避けた方が無難。

そして、アルカリ性クリーナーは、アルカリ性の汚れが苦手。

アルカリ性の汚れには、酸性のクエン酸が効果を発揮。

  • キッチンやバスルームの水垢
  • 電気ポットや食器洗浄機の白いカルキ汚れ
  • トイレの尿汚れやアンモニア臭
  • サビ落とし

には、クエン酸。

汗をかく季節。Tシャツなどの軽い皮脂汚れお洗濯には、セスキ炭酸ソーダが大活躍しますね。

スカラヴィジョン「理科実験室」Tシャツ28色展開

Follow me!