【簡単】真空断熱ステンレスタンブラーの頑固な汚れ・茶渋を落とす【楽しい】

サーモス断熱タンブラー

緑茶もコーヒーも、冷たいものも温かいものも同一のステンレスタンブラーを愛用しています。

しかも、キャンプにも持って行くほどなので、使用頻度は1年で360日くらいでしょうか。

氷を入れた飲み物を飲みかけのまま一晩寝てしまっても余裕で氷が溶けてない!

初めて使った時の感動から数年たった今もその機能性に重宝しています。

目立つような傷がついてひしゃげてしまう、なんて事もないので、この先数十年使っても大丈夫!

しかし!

毎日洗ったとしても、茶渋や着色汚れは少しづつ溜まってしまいます。

なので漂白洗浄をするのですが、これが楽しすぎる!

しかも準備するのはたった100円で買えるあるものを使用します。

驚くほどキレイになります。その方法をご紹介します。

茶渋をとる方法

愛用しまくっているタンブラーの茶渋や着色汚れを、簡単に綺麗にする方法を紹介します。

水筒型のステンレスボトルの茶渋取りも、同じ方法で大丈夫だと思います。

準備するもの

粉末の酸素系漂白剤

洗濯機の洗濯槽の汚れ、通称『ぴろぴろワカメ』の掃除に使用したりする、あの酵素系漂白剤です。

漂白剤には「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」があり、液体と粉末があります。

今回のステンレスタンブラー洗浄は、粉末の酸素系漂白剤を使用します。

今回用意したのは酸素系漂白剤「オキシウォッシュ」

100円ショップ(セリア)で購入しました。

有機性汚れに効果的です。

有機性汚れというのは。

  • 食べこぼし
  • 血液
  • 汗ジミ
  • 黄ばみ

などになります

40〜50℃くらいのお湯

熱めのお風呂くらいの温度、電気ポットで保温しているお湯に水を足す、くらいに適当な温度で大丈夫です。

つけおき容器

必要に応じて。

タンブラーの内側だけだから、という場合も、発泡した泡が溢れてしまう場合があるので、受け皿程度のものを用意したり、シンクの中など濡れても良い環境に置いて行ってください。

我が家では、サーモスの400ml真空断熱タンブラー(すでに廃盤モデル)を1個だけ漂白洗浄する場合、2リットルのペットボトルの上部を切り取ったものを使用しており、ぴったりスッポリ入ります。

複数個一緒に、という場合は、食器洗い桶など。

汚れたタンブラー

まず、今回登場するステンレスタンブラーに関しての情報といいますか、言い訳をさせてください。

この酸素系漂白剤での洗浄を知る以前は、メラミンスポンジでゴシゴシ洗っていました。

しかし、これは間違っていたのかも…。

目に見えない細かい傷を付けてしまったのかもしれません。その傷に汚れが入り込むのか、すぐ汚くなる。

それではご覧いただきましょう。

お茶とコーヒーをよく飲むので、ガッツリと茶渋がついてますね。

実践・洗浄方法

粉末の酸素系漂白剤とお湯が準備できたら、あとは本当に簡単。

  1. タンブラーに、カレースプーン1杯くらいの酸素系漂白剤を入れる
  2. お湯を注ぐ
  3. そのまま放置する

以上です。

1時間ほど放置します

1時間くらい放置して、すすいだら

ハイ! きれい!

ビフォーアフター

まるで新品のように輝きますよ!

注意点

酸素系漂白剤がお湯に溶けると、酵素の泡がモコモコと発生し、その泡が汚れを分解していきます。

ステンレスボトルや蓋つきタンブラーなどの場合、蓋をしてしまうとタンブラー内の圧が上がってしまうことがあるので危険です。

なので、蓋は外してください。

構造上、外れない場合は、蓋は開けたまま、閉めずに洗浄してくださいね。

楽しく、清潔に

酸素系漂白剤をパラパラっとして、お湯を注いで、放置する。

ただそれだけで酵素の泡が汚れを分解し浮き上がらせ、スッキリ落としてくれます。

汚れが浮いて上がってくる様子を見ているのも楽しくて。

ピカピカになったタンブラーでお茶を飲みながら、早く茶渋で汚くならないかなーと思うほどです。

予断ですが、我が家ではタンブラーも、水筒も、ステンレスポットも、クーラーバッグもサーモスのものを使用するくらい、サーモス社製品の大ファンです。

これからも自宅でもアウトドアでも、清潔に長く愛用したいと思っています。

スカラヴィジョン「キャンピング」

スカラヴィジョン「キャンピング」

Follow me!