勤労感謝の日は実は会社員に感謝をする日ではなく実は◯◯だった?

11月23日は国民の祝日である【勤労感謝の日】

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

という趣旨の元、国民の祝日として制定された勤労感謝の日。

もともとは宮中祭祀のひとつ

「新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)」

という宮中祭祀が行なわれる祭日でした。

 

新嘗祭とは、天皇陛下が皇居・神嘉殿(しんかでん)の神々や皇祖にその年に収穫された穀物(新穀)を捧げ、その年の収穫に感謝する儀式。

新穀を献納し、神恩を感謝された後、陛下も神々と新穀を召し上がり、その後に人々も新穀(新米)を食べることができます。

儀式の後は新米解禁、収穫に感謝するということで、新嘗祭は「ライスヌーボー」なんですね。

この新嘗祭「命の糧を神々からいただくための勤労を尊び国民互いに感謝すること」に由来して【勤労感謝の日】になったとのことです。

そして11月23日は【外食の日】でもある

日本フードサービス協会が制定した記念日で、いつも食事の支度に忙しい家族を労うのために、勤労感謝の日と同じ日にしたそうです。

こちらは、日々の台所仕事の「勤労」に「感謝」して今日は外食しよう!

という日なのですね。

日本人は、やっぱり米

先日のブログにも書いた最後の晩餐の話。

日本人に人生最後に食べたいものを聞くと、寿司やおにぎりなどの「米飯」がダントツに多いそうです。

11月23日は勤労感謝の日で外食の日ということは、穀物の収穫を神に感謝する外食の日?

そうなると、握り寿司ですかね。

炊き立ての新米のあの美味しさを思うと、シンプルに塩むすびもいいですよね!

人に握ってもらうおにぎり(おむすび)ってサイコーに美味しいですよね。

ブラックフライデーってなにか悪いことが起こる日なの?

アメリカでは11月の第4木曜日は感謝祭(Thanksgiving Day)で、祝祭日「国家の日 (National Holiday)」なんですね。

感謝祭の翌日の金曜日、11月第4金曜日は

「ブラックフライデー(Black Friday)」

アメリカの州によって異なるようですが、感謝祭の翌日金曜日も祝日扱いとして、4連休の感謝祭休日(Day After Thanksgiving)とする州が多いそうで、この4連休は小売業の書き入れ時となるそうです。

ブラックフライデーとは、日本でいうなら「クリスマス商戦の初日」ということでしょうか。

諸説あるようですが「ブラック」は「黒字」

ブラックフライデーは、お店が黒字になる金曜日という意味なんですね。

「ブラック」と聞くと、史上最大規模の世界的株価大暴落「ブラックマンデー(Black Monday)」を連想して、なんだか悪いことが起きるんじゃない?とネガティブなことを考えますが、「ブラックフライデー」は、小売業者としてはポジティブな意味なんですね。

この週末、大手の流通小売店はブラックフライデーセールを開催するようなので、キャンペーン企画や目玉商品を店舗にのぞきに行ってもよいですね。

購買意欲が刺激されるブラックフライデー

スカラヴィジョンの米飯系TシャツはTシャツトリニティーで爆買いできます。

スカラヴィジョン RICEBALL(おにぎりの具)

スカラヴィジョン
RICEBALL(おにぎりの具)

まぐろミューティレーションざんまいTシャツ

まぐろミューティレーションざんまい

Follow me!